« 4月19日のどんぶらこ例会 | トップページ | 4月20日の姫路バルカンSRCE »

2011年4月19日 (火)

4月19日のひよこ例会

参加人数 48名                                                      コール曲 イティアトヤファ(イスラエル)、ヘイヨヤ(イスラエル、講師;モシコ)、

まずは先週さんざんだった「ドミノファイブ」ですが、今日はホワイトボードに図を描き、動きの説明。 リールの説明も何回もしっかりし、場所が変わるたびに動線を確認し、真ん中に休憩も入れその間にお互い話ができるようにとの心遣いが功を奏したのか、先週よりはだいぶん動けるようになりました。 分かってしまえばそんなに難しい踊りではないのですが、何といっても慣れていないのです。 でもこんな踊りを踊っていると一人で動く、一人で踊る、自分で覚えるということもし出し、人任せなチェーンダンスもしっかり覚える覚えられるようになるかと・・・・期待しとこっと。

今日の「イティアトヤファ」も「ヘイヨヤ」もそんなに難しくはありません。 コーラーはまずは自分がきっちり踊れ、もしかしたら説明に手間取っても動きでカバーできるようにすれば、まわりのみんなもわかりやすいですよね。 言葉で説明するのは難しいです。 言葉が多くなればなるほど分かりにくくなります。 コーラーは言葉多くして丁寧に説明しているつもりでも、その多いややこしい言葉が余計ややこしくさせたりします。 難しい踊りも言葉や説明の仕方一つで分かりやすくスムーズに踊れるようになるかもしれません。 反対に踊れば「なーんだ、こんなのだったのか」という踊りも説明一つでそんなに難しい踊りと思えるように・・・・。 同じ動きを説明するのも、言い方一つで分かりやすい時とそうではない時と。 どう言ったらみんなが分かりやすいか、スムーズに動けるか、なるべく的確な言葉でスムーズに理解してもらえるように考えて説明したいですね。 

|

« 4月19日のどんぶらこ例会 | トップページ | 4月20日の姫路バルカンSRCE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月19日のどんぶらこ例会 | トップページ | 4月20日の姫路バルカンSRCE »