« 4月8日のころころ例会 | トップページ | 4月13日のどんぐり例会 »

2010年4月10日 (土)

4月10日の網干FDCしゃこ

参加人数 20名                                                      コール曲 ストゥンガチャウア ディン ゴルジ(ルーマニア、講師;テオドール)

今日は久しぶりにフクちゃんのコールでした。 というのも、来週木曜日に「ころころ例会」で初コールデビューなのです。 なんてったって「ころころ例会」は広い会場で約50人ですから、いきなりはちょっと辛いものがあります。 なのでまずは慣れている「しゃこ」で練習がてらという事で・・・。 

でもコールは難しいですねぇ。 ラクラクと踊れても説明するのはラクラクではないです。 私なんて30年以上もコールしてるのに思い通りにはいきません。 説明しながら「何でこんな難しげに言ってるんだろう」とか「もっと簡単な言い方があるのに・・」とか「この言い方は分かりにくいかもなぁ」とか思ってるのですが、だからといってすぐには直せない。 もっとその場その場で融通きかせて、みんながスムーズに動けるような説明が出来たらいいのですが・・・。 

言葉で上手く説明できない時は、「動く」のが1番だと思います。 誰でも覚えたいときはマネをする事から始めるものねぇ。 口から産まれたみたいにペラペラと話せる人もいますが、なかなか初めからそんなにはできません。 そんな時はしっかり踊る事ですね。 近頃年齢のせいか、話しばっかりで身体を動かさない人が多くなっているようですが、やっぱり教える(伝達する)側にいる人は確実に躍れなければと思います。 そしてまわりを見てみんなが動けているかどうか。 できてなかったら繰り返し動く。 説明話しばかりしていても身体は覚えませんから。  しっかり踊ってみなに伝える。 そのうちに口も動くようになるでしょう。  長~~い目で見ていくのが年寄りの役目ですぅ。 

|

« 4月8日のころころ例会 | トップページ | 4月13日のどんぐり例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月8日のころころ例会 | トップページ | 4月13日のどんぐり例会 »