« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月27日 (火)

4月27日のひよこ例会

参観人数 53名                                                       コール曲 ダンチェヴォト(ブルガリア、講師:ベンツィ)

「ひよこの例会」でもさっそくヴェンツィの講習曲を踊りました。 講習会に出て、午前中に「どんぐり例会」でも踊った人はさすがにもうしっかり踊れたのではないでしょうか。 でもその時はみんなと一緒だから踊れますが、帰って「さて・・・」となると頭の中は「・・・・・・」ってな事になる人も多いかと。 「もうええわ」ってなくらい繰り返して踊らないとなかなか一人で踊れるようにはなりませんね。 年齢を重ねるとよけいに覚えるのが大変になってきて、「見踊り上手」になってしまうのですよね(^_^;)。

自分で覚えて誰を見ることなく踊れるとホントに楽しいですよぉぉぉぉ\(^_^)/ 

今日は間にカップルダンス3曲、隊形の踊り2曲以外、みんなチェーンダンスでしたね。 こんな日もあり、カップルが多い日もあり、ミクサーでワイワイ遊ぶ日ありで「ひよこ例会」日替わりで楽しめま~す、キャッホーヘ(^o^)/ 

| | コメント (0)

4月27日のどんぐり例会

参加人数 40名                                                       コール曲 ダンチェヴォト(ブルガリア、講師:ベンツィ)、オイ ガラヴ グカ(ブルガリア、講師;ベンツィ) 

今日から先週行われたVentzi講習会の復習です。 「ダンチェヴォト」は簡単な踊りですので、1部のところのステップさえクリアすると誰でも踊れるようになります。 ハイッ、みな踊れてました。 

もう1曲の「オイガラヴグカ」もそんなに難しくはないのですが、音楽がちょっと速い(^_^;)。 ステップ的にはできるステップなのですから練習あるのみでしょうね。 パート3のホップ・ステップ・ステップを速く続けてするのが・・・チョット(^_^;)。 でもそこのリズムがズンズンと隣の人と上下動がしっかり合うとホント気持ち良いのです。 ステップはしっかり体重を乗せて、踏み換えもリズムに合わせて小気味よくするとブルガリアって感じになって楽しいですよ~。 

復習の「ビチャック」はだいぶん様になってきました。 パート4もけっこうできています。 良かった良かった(^o^)。 「ホトケのネシアが丁寧に説明したから」・・・って本人は言ってますが・・・・どうだろ、みんなの努力よねぇ~。 で何で私が「エンマのK子」なんだッ(▼▼)。

| | コメント (0)

2010年4月21日 (水)

4月21日の姫路バルカンSRCE

参加人数 30名

コール曲 ネヴェストモリ(ブルガリア、講師;ベンツィ)、シャルプラニンスコ(マケドニア、講師:アタナス)、ミロンディタタンゴ(アメリカ)

今日は簡単なチェーンダンス2曲と簡単なカップルダンス。  

「ミロンディタタンゴ」は良いですよ。 音楽が良い。 踊りも簡単ながら踊った気がする。 私が産まれる(ダンス界に)前からあった踊りで、昔はよく踊りました。 近頃とってつけたような振り付けのややこしく小難しい踊りが覚えきれない私。 ので・・・久しぶりに出してきました。 何てったって気持ちの良い踊りなんですから・・・・。 皆も気に入った様子でした。 

そしてチェーンはヴェンツィ講習の前の最後の予習?復習? 足慣らし、心準備とでも言うのでしょうか「ネヴェストモリ」を。 さてさて今回はどんな踊りがでてくるのでしょうか? ピリンの踊りはおば様達にも好評。 きれいな曲であまり激しく動かないもんで・・(^_^;)

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

4月20日のひよこ例会

参加人数 56名                                                        コール曲 ピディフトスバナス(ギリシャ)、 カホル(イスラエル、講師;シュムリク)

今日はチェーンダンス2曲。 「ひよこ例会」では初めてのベルトホールドの踊りです。 慣れないとなKなか居心地が悪いですが、踊っているうちに隣の人の動きが伝わってきて、手をつないで踊るのとはまたちょっと違う良い気分になれます。 あまりギューッと握らず、気楽に力を抜いてネ、肩こりますよ(^_^;)。 踊りはチェーンダンスになれているみんなですからバッチリでした。 

もう1曲の「カホル」の方が曲が速いのでついていくのにちょっと大変だったかも。 パートは2つですが次々変るステップに追いつけず・・・・(^_^;)。 ま、何回も踊っているうちにコツも分かり、速さにも慣れ、踊れるようになると思います。 それにしても何だか抜けたような音楽。 でもこの踊り、けっこうアチコチのパーティーで踊られているのですよね・・不思議ィ~。 シュムリクの踊りですが、関西では姫路でしか講習していないのに、今まで姫路では踊らず、他のサークルでは踊ってるという・・・・なんでや???   

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

4月19日の姫路KCC

参加人数 14名                                                         コール曲 ラフ(イスラエル、講師;モシコ) アネルスオマリエ(デンマーク)、 テネシーウィグウォーク(アメリカ)、

「ラフ」は昔々のモシコの踊り。 きれいな曲でパートは2つ。 でもパート1がちょっとややこしいです。 右足からした事を円外向きで左足からするという、よくあるイスラエルのダンスのややこしさ。 している事は簡単でも(円内向きだとすぐにできてる)円外向いただけでドキドキウロウロ。 「どうしよう・・(^_^;)」という不安が頭いっぱいでさっき出来た動きもぶっ飛んでしまうようです。 こんな時隣の人もあてにはなりません。 みんなお互いに見ようとしているのですから・・・・。 でもま、何とか・・・・(^_^;) きれいな曲であまり速くない踊りで、ちょっとヒネッタ踊りが頭にも身体にも良いかと・・・。

あと2曲は簡単なミクサー。 「簡単」とは言え「アネルスオマリエ」はワルツのリズムに合わせゆっくりと優雅に動かないと雰囲気は出ませんし、「テネシーウィグウォーク」はノリノリで元気に楽しくって感じです。 手足・身体を1・2・3・4・・・・とカウントに合わせるのではなく、音楽に合わせて身も心も気持ちよく動かしましょう。 簡単な踊りもちょっと気持ちを入れると随分と楽しくなりますよ。 「出来た・出来た」「動けた・動けた」ではなく「踊りましょう」ネ!!

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

4月18日の姫路バルカンSRCE

AM にゃんこ 参加人数 39名                                                      コール曲 Devojkino(マケドニア、講師;アタナス)Perdhika(ギリシャ、講師;ジョー)Lomskata(ブルガリア、講師:ベンツィ)、Sal nok ne sum Zaspalo(マケドニア、講師:アタナス)

どれもそんなに難しい踊りではありませんが、ちょっと体力が必要。 ま、自分の体力に合わせて省エネで・・・。 踊れるようになるには繰り返し踊るのが1番の方法ですが、その練習には体力が必要。 若い時ならアホほど踊って身体で覚えていたのですが、年齢が上がってくるとそれを何で補うかって? いや、やっぱり繰り返して踊る事でしょうね。 

PM わんこ  29名                                            Pogresi Pavlina(ブルガリア、講師;ベンツィ) Kalinkino(ブルガリア、講師;ベンツィ)、 Staro Maedonsko(マケドニア、講師;アタナス)

10拍子、7拍子、8拍子の踊りです。 特に「ポグレシ パヴリナ」の10拍子がなかなかきっちりとれていません。 ホップも1拍のホップと半拍のホップと踊りわけないとリズムが刻めません。 難しいですよね。 でもそこをちゃんと刻むと「あ~ら、不思議。 こんなにピッタリ」ってほんと気持ち良く踊れることになります。 音楽を良く聞いてリズムが刻めるようになることが1番ですね。まぁねぇ、日本にはこんな拍子ないから身体にピッタリしないですよね。 そこんとこ頑張ってまずは頭で理解して、お経を読むように「タンタタンタンタンタ、タンタタンタンタンタ、・・・・」なんて繰り返していくうちにピッタリしていくかも・・・。 昔わたしも「ブラギノ」17拍子を音楽を聞きながら念仏のようにブツブツと・・・・。  ある日「はぁ・・・、そうか分かったやん!!」とピカッとする日が来ると思いますよ。

その他踊った曲は・・・                                           AM・・・・・ホラデムナデララスティ、 ヴァルスアヴィヴィ、 ヤキルメナヒム、 コハブハルワ、 ググッチェ、 スレバランスキダネッツ、 ノヴォグラドスコ、 スノスティエドブラ、 アラップ、 アヴィアヴィ、 メラクリヤ、 スタラマイコ、 トドルキノ、

PM・・・・・ロリー、 ヴァガルシャパティ、 ネドゥニア、 ゴルノセルスコ、 ドスパッツスコホロ、 プレスカチャンカ、 パンデラシュルデラナヴォダリ、 アヴネイハホシェン、 ケシェナヴォ、 モイのクヤビアク、 インバル、 サルダーナ、 ツルツレパーモニム、 クラックシズ、 アヌシェ、 ベロリチェリューバム、 ジェンスコチャミチェ、 などなど

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

4月17日の網干FDCしゃこ

参加人数 26名                                                     コール曲 グッドナイトイレーヌ(イギリス)

朝から機嫌良く踊ってたら、「今日はミヨチャンがまんじゅうを持ってくるって」というイイ話し。 どこか旅行でもしてお土産かな? と思い楽しみに踊っていたけど・・・待っても待ってもなかなか来ない(^_^;)。 「まだ来ないね、まんじゅう」 「どうしたんやろ、まんじゅう」ってまんじゅうがさも靴履いて来るような言い方で・・・(ΘΘ)ρ 

で、来たのはちょうど半分踊って休憩しよかって時。 ドァを開けて入ってきたとたん「来た、来た、まんじゅう」ってやっぱりまんじゅう(-_-;)。 「はよおいで、こっちこっち」って「何か今日は待遇ええなぁ・・」とか言いながら前に・・・。 で、カバンをぶんどられ、勝手に開けられ、まんじゅうの分配。 

作りたてホカホカの酒まんじゅうはすごく美味しくて、みんな満足(^○^) 今日は富山土産のシロエビ煎餅もあったけど、それは来週にまわすって。 みんな良く遊んで、良く踊って、良く食べて・・・・幸せですわ。

踊りは・・・ん~と、最近カップルは「ラブポーション」と「インバル」を隔週ずつに繰り返し踊っていますが、その度にちょっとの説明が必要。 みんながパーフェクトに踊れるまでは遠いかも・・・・。 カメのような歩み? でもウサギよりは先に着きま~す、きっと。   

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

4月15日のころころ例会

参加人数 55名                                                       コール曲 ストゥンガチャウア ディン ゴルジ(ルーマニア、講師;テオドール)

今日はフクチャン初めてのコールデビューです。 先週土曜日に「しゃこ例会」でちょっと練習して・・・。 いきなり50人以上の人の前でなんてやっぱりドキドキ緊張ですよね。 なので25人の前で練習なのです。 

それにしてもコールしている本人以上に、まわりもドキドキするのもですね。 「ちゃんとできるかなぁ?」とほとんど親心のようなもの。 平均65歳のサークルですから40歳代はかなり若い!! これからの事を思ったらこの若い人達を次のリーダーにしていくのは年寄りの役目です。 

今日もフクチャンが「分かりましたか?」・・「ハイ」。 「次に進んでもイイですか?」・・「ハイ」。 等々・・日頃私たちが聞いてもしてくれない返事をフクチャンにはちゃんとしてあげてた大人達。 みんなとっても暖かいです。 きっと慣れるにつれて上手く説明もできるようになると思うのです。 口が上手くても踊れないダンサーは困りますが、フクチャンはちゃんと踊れるところが1番良いところです。 長~い目でよろしく・・・(^○^) 

 

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

4月13日のひよこ例会

参加人数 56名                                                      コール曲 ウインドミルカドリール(アメリカ)

午前中「どんぐり例会」で踊った連中はヘロヘロで、午後から踊る「ひよこ例会」のみのみんなは「よーし、踊るぞ~」ってな感じで、これまたよってたかってワイワイ踊りました。

始めはごくフツーに上品?に、途中から少しずつペースが上がり、後半コール曲「ウインドミルカドリール」くらいからノリノリ。 その後の「サワレンダーカドリール」もなんとかこなし、あとはミクサーダンスで大盛り上がり。 そして最後にクールダウン・・・とまぁ、2時間楽しく踊りました。 

MD担当者の大勝利!? 踊らせていただきましたって感じですね。

それにつけても「ひよこ」は踊る。 もう「ひよこ」って名前が似合わない? んんんん・・・「ひねたひよこ」かッ(ΘΘ)ρ

| | コメント (0)

4月13日のどんぐり例会

参加人数 39名                                                        コール曲 ビチャック(ブルガリア、講師;イブ)

今日はほんまにいっぱい踊った(^_^;)。 MD当番がちょっと若いノン子さんだったからか? けっこうハードに次々とかけるもんだから、例会半分のところですでにみんなお風呂上がりの状態(^_^;)。 休憩時に部屋の外に出て身体を冷やし、水分補給。 で、また踊る、踊る。で、またみんなも文句の一つも言わずひたすら踊る(-_-;)。 

合宿の復習も今日の「ビチャック」でひとまず終わり、来週からはもうすぐ来姫のヴェンツィの踊りを踊っておこうかという話しになっています。 「ビチャック」はけっこう踊れていましたよ。 パート4の小さなスキップを入れながらのステップが難しいのですが、まぁまぁの出来で、合宿の時より分かりやすい説明(コール担当者本人の弁)でかなり進歩しておりました。 

今日踊った曲です。 

ストゥンガチャウワディンゴルジ、 パンデラシュルデラナヴォダリ、 ジャヌルデラスラニーク、 ロリー、 ティナのマイム、 ストヤネマツベタ、 アントネアントネ、 カラジョイ、 オロトポチナ、 カバダルスコ、 イスパイチェ、 モツィ、 ハミシャレバイム、 ネドゥニア、 シェリネ、 メグダンスコ、 あとアフメットの賑やかな踊り・・・名前忘れた(^_^;)  等々

次回からはクーラー入れてもらおうネ。    

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

4月10日の網干FDCしゃこ

参加人数 20名                                                      コール曲 ストゥンガチャウア ディン ゴルジ(ルーマニア、講師;テオドール)

今日は久しぶりにフクちゃんのコールでした。 というのも、来週木曜日に「ころころ例会」で初コールデビューなのです。 なんてったって「ころころ例会」は広い会場で約50人ですから、いきなりはちょっと辛いものがあります。 なのでまずは慣れている「しゃこ」で練習がてらという事で・・・。 

でもコールは難しいですねぇ。 ラクラクと踊れても説明するのはラクラクではないです。 私なんて30年以上もコールしてるのに思い通りにはいきません。 説明しながら「何でこんな難しげに言ってるんだろう」とか「もっと簡単な言い方があるのに・・」とか「この言い方は分かりにくいかもなぁ」とか思ってるのですが、だからといってすぐには直せない。 もっとその場その場で融通きかせて、みんながスムーズに動けるような説明が出来たらいいのですが・・・。 

言葉で上手く説明できない時は、「動く」のが1番だと思います。 誰でも覚えたいときはマネをする事から始めるものねぇ。 口から産まれたみたいにペラペラと話せる人もいますが、なかなか初めからそんなにはできません。 そんな時はしっかり踊る事ですね。 近頃年齢のせいか、話しばっかりで身体を動かさない人が多くなっているようですが、やっぱり教える(伝達する)側にいる人は確実に躍れなければと思います。 そしてまわりを見てみんなが動けているかどうか。 できてなかったら繰り返し動く。 説明話しばかりしていても身体は覚えませんから。  しっかり踊ってみなに伝える。 そのうちに口も動くようになるでしょう。  長~~い目で見ていくのが年寄りの役目ですぅ。 

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

4月8日のころころ例会

参加人数 49名

コール曲 パンデラシュル デ ラ ナヴォダリ(ルーマニア、講師;テオドール)、ケシェナヴォ(イスラエル)

先週のコール担当のナベがお休み。 なので急遽今日のコール曲とだいぶん後のコール曲を上げてきて2曲にしました。 新しい踊りが2曲でちょっと大変だったかも・・・。 

でも「パンデラシュルデラナヴォダリ」はこの間の合宿の講習曲で、合宿に行ったり、その後アチコチの例会で復習をした人もたくさんなので・・・・まぁまぁ。 音楽が早いので「ホップ・ステップ・ステップ」などの動きがしにくそうではありましたが。 

「ケシェナヴォ」は往年の名曲。 昔のイスラエルの踊りはなんだか動きが素直でとっても踊りやすいですね。 いっつも頭や足がこんがらかるようなのを踊っていると、こんなのは朝飯前になっちゃうのです。 皆さま、お見事でした。

| | コメント (0)

2010年4月 7日 (水)

4月7日の姫路バルカンSRCE、アタナスを踊る会

参加人数 27名                                                         コール曲 ゴルノセルスコ、 モミンスコ(いずれもマケドニア、講師;アタナス)

今日は先日の合宿の講習曲からアタナスの踊りを・・。 「ゴルノセルスコ」パートが2つであんまり難しくない踊りですが、しいて言えばパート2の踏み替えのあとのリープでしょうか。 ゆっくりな踊りはリズムをしっかりきっちり刻むのにも足の力が必要で、1本足で立つとか、しっかり溜めて次のステップとか、ゆっくりなチュクチェとか・・・(^_^;)。 気を抜くとすぐに着地してしまうのですよね。 でけっこうしんどいのです。 音楽はゆっくりでも力が要るのです。 時々息をするのも忘れてるくらいな緊張感だったり・・・呼吸はして下さいよ、しっかりと。

もう1曲の「モミンスコ」はややこしい(^_^;)。 パートも多いし、ややこしい。 おまけに途中からミックスのラインを離れ男性だけ違う動きをするのですが、沈みこんだり、飛び上がったりと大変です。 いままで女性が主な例会だったので、オジサンもオバサンに混ざって踊っていましたが、最近はオジサンパワー全開で男性パートも頑張って踊っています。 ま、本来の姿になったという事ですが・・・。

来月5月5日は「アタナス踊る会」初めての1日例会です。 今までは私だけがコールをしてて、とても1日中コールするほどの体力・気力がなく半日だったのですが、最近は「何でもしてやるぞッ」のオジサンが強い味方になってくれるので午前・午後踊ります。 リクエストのある人は言ってください。 アタナスいっぱい踊りましょう。

今のところ、「ビトルスコ」「スタロマケドンスコ」「ロムスコ」が上がっています。

| | コメント (0)

2010年4月 6日 (火)

4月6日のひよこ例会

参加人数 59名                                                        コール曲 アヴィアヴィ(イスラエル、講師:モシコ)

3月に行った合宿講習曲の中からの1曲です。 すんごい昔のモシコの曲です。 最近の踊りに比べてとっても簡単、踊りやすい踊りですが・・・・好き嫌いあるだろうなぁ(^_^;)。 ま、でも折角の姫路合宿の曲ですから1曲くらいは入れておかないとネ。

今日から新しいスタッフでの例会です。 半分の人が替わりました。 と言っても踊るみんなは一緒なので全然雰囲気変わりませんわ。 

最近みんなのレベルはかなり上がってきたようで、何をかけても・・・すぐにパッと踊れなくても、見踊りしながら思い出し最後くらいにはきれいに立ち直っています。 この後もう1回踊ると完璧。 今日も何曲かは2回踊ってしっかり踊れるように・・・です。 

| | コメント (0)

2010年4月 5日 (月)

4月5日の姫路KCC

参加人数 14名                                                        コール曲 大阪ラプソディー(レク)

今日から新年度で、新しく見学者が来るってみんなで楽しみにしていたら・・・。 もうかなり踊れる人。 だれが1番がっかりしたかって、この間踊り始めた1番新しい方。 なかなか踊れないといつも気にしながら踊ってたのが、やっと子分ができるって感じ?だったのでしょうね。 その気持ち解ります。 私も2人になったらもう1度1から基礎ステップやターンをしていきたかったのに、他の人よりも踊れるくらいの方でして・・・(^_^;)。 

いえ、メンバーが増える事は大歓迎。 でもねぇ・・・・他の人とのバランスが・・・。 簡単な踊りを気楽に楽しく踊りたいということならKCCは1番です。 でも初めは良いけどしばらくすると物足りなくなるのではと心配するのです。 まぁ、これは本人が決めることですから待っていましょう。 

ちょっと贅沢な悩みですネ。

それにしても今日の皆はとってもすばらしく踊れていました。 新しい人が入ってくるといつもこの状態になります。 緊張して、頑張って、はりきって踊りますから・・・。 いっつもこうだと良いのにネ(^_^;)

| | コメント (0)

2010年4月 3日 (土)

4月3日の網干FDCしゃこ

参加人数 25名

今日は隣の公園でお花見なので、開始がいつもより早い9時。 1時間違うと朝が忙しい・・・などと言いながらも皆集合。 遊ぶ事には皆とっても積極的。 あれを踊りこれを踊り・・・アレッ? いったい何を踊ったのやらよく分からんままに、それでもしっかり2時間は踊り、さて隣の公園に・・・・。 

この日は満開のはずだった!? いやぁ、西側の桜なんて2分咲き(-_-;)、東の桜がやっと7分(^_^;)。 そんなんどっちでも良いけど、なんでこんなに寒いねん(▼▼)。 それでも決めたことはちゃんとこなさなければ・・と、お弁当を食べ、おやつを食べ、コーヒーも飲み、いっぱいしゃべりました。 

何が足らんって「酒」(^_^;)。 車の人も多いし、飲めない(気の毒な)人が多くて、いくらなんでも飲める私も飲む気もおこらず・・・・お茶・・・で(-_-;)。 

それにしても「桜」はあんまり見てもらえず、「花見」と言うイベントの理由付けにされているような・・・・お気の毒(^_^;)。 

ハイッ、2010年度今日から7年目に入る「しゃこ」です。 

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

4月1日のころころ例会

参加人数 53名                                                     コール曲 メツウイット アヘレック(イスラエル、講師;ドゥドゥ)

いよいよでました。 昨年の「インバル」に続く「ドゥドゥさんのカップルダンス」です。 ほんと「ドゥドゥさんのカップルダンス」って感じで、けっしてイスラエルのダンスという感じはしません。 でも曲がきれいなのとちょっとややこしくて闘志が沸く感じがきっと皆の心をつかむのでは・・・。

ドゥドゥさんの曲はハシディックでもなく、イエメナイトでもなく、デブカでもなくほとんどモダンな創作ダンスって感じなので、ちょっと好みが分かれるところでもあります。 ま、近頃はその国独特なステップや雰囲気でなくてもきれいな曲できれいな振り付けでうっとり踊れる創作ダンスが好きな人が多いみたいですので・・・・。 

今日も1回目は悲惨。 2回目はボロボロ。 3回目はちょっとましに・・・。 で、「もう1回」って声が上がりましたから、きっとみんな気にいったのではないでしょうか。 

それにしてもこんなダンス踊ってたら、ガイダだけで演奏されるマケドニアやブルガリアなどの土臭~い踊りなんて身体が拒否するんじゃないかなぁ? 民族舞踊? フォークダンス? レクリェーションダンス? 創作ダンス? ま、何でもかんでも踊るのが好きな人には関係ないかッ(^_^;) 

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »