« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

2月28日の姫路バルカンSRCE

参加人数 40名                                                     コール曲 サワレンダーカドリール(ドイツ)、ティナのマイム(イスラエル)

今日は半日。 半日の日はカップルやら隊形ものの踊りも入れています。 で、「サワレンダーカドリール」です。 8人セットなのに2人足りない(^_^;)。 なのでやめようかと思ったのですが、この踊りは全員がいなくてもなんとか踊れるフィギアばかりで、いないところは「ホウキ」が相手ってな感じで踊りました。 「ニーハイマーステップ」さえできればフィギアは簡単です。 おまけに1組にさえならなかったら、する事は順番に分かっていきますのでOK!! ま、時にはこんな踊りも良いでしょ。

「ティナのマイム」はそんなにややこしくなく、音楽もゆっくりなので「お茶の子サイサイ」でした。 日頃もっとややこしいのを踊ってるもんねぇ・・・。 

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

2月27日の網干FDCしゃこ

参加人数 25名                                                      コール曲 マムリィム、

「マムリィム」今日の参加者から急に頼まれました。 ってかこれが間違いだった(▼▼)。 「マムリィム」っていうから「マムリィム」を説明して踊ったのですが、本人は音を聞いて「エッ!? これがマムリィム?」って・・・(^_^;)。 なんでやねん(▼▼)。 ちゃんと音を聞いてたしかめてから言ってくださいませ。 しかしいったい何が踊りたかったのだろうか??? 

「バアハヴァ」の復習はフクチャン。 まだまだ慣れず、説明する方も、説明聞く方もドキドキです。 でもみんな気を長~く、フクチャンのペースに合わせ待っています。 一番心配しているのは「オカァサン大丈夫かなぁ?」とアイ○ちゃんかも・・・。 足の動きや順番を一生懸命説明してくれるのですが、一つ一つが途切れてしまって流れないのです。 頭で頑張って覚えているので、身体とチグハグになっているのでしょうか。 ちゃんと踊れるのに説明は難しいですよねぇ。 

ほんと「慣れ」って大事ですよね・・・・いやぁ、慣れすぎても・・・・成長や反省をしなくなってはダメですから!!  

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

2月25日のころころ例会

参加人数 53名                                                      コール曲 ドスパッツスコ ホロ(ブルガリア、講師;イブ)

今日は昔むかしの「ドスパッツスコ ホロ」。 今や男女同じラインで踊っていますが、最近男性もちょっと増えたので、男性はTポジション、女性はWポジションとイブがした講習通り踊りました。 ゆっくりな7拍子なので踊りやすいのですが、音を聞いてリズムがとれないといくらゆっくりでも・・・(^_^;)。 リズムをとっている打楽器の音をよく聞いて踊りましょうね。

その他「ブラシュコ #2」も男性だけのラインをつくり、迫力ある男性のステップを・・・・。 もう少し踊れるようになったら「若者ライン」も作りましょうかねぇ。 男子5人、若者5人、あとオバサン・・・ですけど(^_^;)。

久しぶりに「バルス ハニグン」を。 2回かけたらちょっと思いだしたようですけど・・(^_^;)。先週の「シューベルトワルツ」をかけるのを忘れてました。 カップルダンスはなかなか覚えられないのでしばらくは毎週かけたかったのですが・・・・。 来週かけますね。

 

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

2月23日のひよこ例会

参加人数 58名                                                      コール曲 スタラ マイコ(マケドニア、講師;アタナス) ポヴィタルニィ ポロネーズ(ポーランド)、

今日は2曲ともごく静かごく上品な踊りでした。 「スタラ マイコ」は11拍子ですが、みんなはもう慣れてお茶の子サイサイ。 パートも2つしかなくゆっくりした踊りだったので・・・OK!!

「ポヴィタルニィ ポロネーズ」もびっくりするほどすぐに踊れました。 ま、「ピーチ例会」でも踊り、「ころころ例会」でも踊っているので参加メンバーの半分以上の人は経験者。 こんな踊りは説明もしやすいですね。 完璧に覚えている訳ではないのですが、だいたいの流れを知っている、だいたいの動きを知っている人達ですから、要所要所をしっかり押さえて説明すると今まで以上にちゃんと踊れるようになります。 踊れるようになったら楽しいしこの踊りが好きになります。 3回踊りましたが、みんなとってもお上品。 いつものギャーギャーと騒ぐオバサンとはちょっとだけ違った雰囲気でした・・・ホントにちょっとだけですけど・・・(^_^;)。 

| | コメント (0)

2月23日のどんぐり例会

参加人数 34名                                                               コール曲 シェリネ(イスラエル、講師;モシコ)、ジャヌル デ ラ スラニク(ルーマニア、講師;テオドール)

最近またちょっと人数が増えまして、なかなか良い感じであります。 やっぱり多いと盛り上がりますね。 参加し出して少しの人は知らない踊りもあり、それも今まで参加していた例会よりレベルはチョット上。 なので大変かと思いますが、初めはみんな大変。 踊れないのではなく知らないのですから・・・。 少しずつ慣れていきます。 知らない踊りに気を取られず、毎回のコール曲をしっかり覚えていくと3ケ月もすれば全部知っている踊りになりますよ。 これはみんなが通る道ですから・・・。 踊れないから・・とあんまり落ち込まず、まずは身体を動かす事です。

今日の「シェリネ」は大変ですね。 ホワイトボードにだいたいの流れを書きましたが、踊ってみてそれと合わせていくと「フンフン」と分かりやすくなると思います。 長い踊りですが、分かってしまうと同じ事の繰り返しです。 踊れるようになると楽しい踊りだと思うのですが・・・。

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

2月20日網干FDCしゃこ

参加人数 26名

コール曲 バアハバ(イスラエル)

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

2月18日のころころ例会

参加人数 53名                                                      コール曲 ヤキルメナヒム(イスラエル、講師;モシコ)

今日はアリーナBでの例会でした。 いつもの半分くらいの大きさ、おまけに細長い(^_^;)。 そこにいつもと同じ人数がひしめき合って踊るのですから・・・あかんあかん(-_-;)。 身を細くして踊れと言われても・・・・ブツブツ。 その代わり全然寒くなしッ。 最近寒くて寒くてと震えてた人も1時間も中で動くと暑~ッ って。 で、休憩時間に外に出たら・・・どんだけ寒かったか。 で、入ったらどんだけ暑かったか。 「今日は暖房入ってるんとちゃう?」と言ってる人がいましたが、ちゃうちゃう、全部すべておばさん達の発する熱気。 ほんますごい(^_^;)。 

今日は「ヤキルメナヒム」。 少しややこしいところもありますが、比較的スムーズに踊れていました。 さすがモシコやシュムリクのややこしさに慣れ、鍛えられただけあります。 それよりも「バアハヴァ」の方がちょっと(^_^;)。 

「シューベルトワルツ」は簡単ですが、なかなかきれいには踊れていませんねぇ。 ターンが問題なのと、皆さま 雰囲気を作るのが苦手みたいですね。 足だけの動きでなく、顔や肩、手など上半身の動きも大切です。 それで雰囲気が出たりするのですから・・。 

来週はアリーナAです。存分に踊ってください。 今度アリーナBになったらくじ引きして30人だけ踊るのにしようかって言ってた人が・・・。 けんかになりそうやね。

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

2月16日のひよこ例会

参加人数 62名                                                        1月~の復習 (ヒネマトフ、レシャハ、ヴァルスアヴィヴィ、アラップ、サルティドッグラグ、リュボンスキーチェンチ、オーシャンゼリゼ、クロススナップ)

今日は1ヶ月半6週間分の復習です。 毎回1~2曲コールしていますが、次々踊っていてはなかなか覚えられないだろうと時々振り返って復習をしています。 その他、フリーでかけて踊れなかった曲はその都度簡単コールも入れ、何回も説明。何回も踊る事を心がけてはいるのですが、曲数が多くなってくると・・・(^_^;)。 でも近頃みんなレベルは上がっています。 「分からん、踊れん(^_^;)」と言いながらもちゃんとついてはいってます。 そして2回くりかえして踊るとなかなかスムーズに・・・。

今日の踊りは比較的簡単な踊りでしたが、モシコの「レシャハ」はまだちょっとウロウロしている人が・・・・。 後を向いただけでもうパニックに陥って冷静になれないようです。 隣の人を見るのではなく自分の頭で考えて動かなければいつまでも踊れませんよ。

全国の「クロススナップ」は楽しいですね。 ワイワイと踊れますが、今日は私のコールがひどかった(-_-;)。 アッチコッチ抜けたところがありまして、助けられながら何とか・・でした。 ほんと自分の頭に限界を感じます。 

でも急に頼まれた「サルティドッグラグ」や「ヒネマトフ」は何とかOK。 やっぱり昔から踊っている踊りは身体に染みついているのですねぇ。 それにしても急に頼まないで欲しいものです。 今日は知ってた踊りだったからまだ良いけれど、自分が担当していない踊りはしっかりテキストを見てない事もあり、そんな私が人に説明するなんてとてもとても・・・。 これで1番迷惑なのはそのコールを聞くメンバーなのですから。 

そして今日はマナーについても話しました。 例会では知った人ばかりだから良いとしても、アチコチのパーティーなどに行って、踊りの途中に「目がまわるので・・・」とか言って抜けないように。 抜けるならあらかじめ踊り始める前に抜けておくように・・と。 女性ばかりになり、その他のマナーもだんだん悪くなりルーズになっていってます。 これからはもっと他のマナーも少しずつ話していきたいと思います。 

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

2月15日の姫路KCC

参加人数 14名                                                       コール曲 ペラザハヴ(イスラエル)、

2週間に1度の例会ですが、みんな頑張って参加しています。 覚えるより忘れる方がきっと得意なのかも・・・と思われる事も多々ありますが、それでも元気に身体を動かし、楽しく笑っております。 

半年に1度の初心者体験の日があり、その都度1人2人と新しく入る事もあり何だかいつも初心者教室みたいで、長く踊っている人には物足りないだろうと思うのですが、レベルはなかなか揃うまでにはいたりません。 なのでこの頃は歩くだけで隊形が変わる踊りを主に、それときれいな音楽のチェーンダンスを踊ろうと思っています。 長く踊っている人ももうそれなりに年齢を重ね速い動きはしんどくなっているようで、それでもまだまだ踊りたいっていう気持ちは大事にしたいな・・・と。 

でもここに若い人(私より・・です)が2人。 少人数の会なので、本来はもっと集中してレベルを上げていきたいのですが・・・・やっぱり他の人との兼ね合いが・・・難しいですねぇ。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

2月14日の姫路バルカンSRCE

AM

参加人数 にゃんこ 39名                                                  コール曲 ピディフトス バナス(ギリシャ)、 パンデラシュル デ ナボダリ(ルーマニア、講師;テオドール) デン イリンデン(ブルガリア、講師;ベンツィ)

「ピディフトス バナス」は今回の全国講習会の踊りです。 1994年にジョーが日本で講習しているのですが、今年の全国で出ました。 曲も同じで踊りも大筋では違うところはあまりありません。 ただ雰囲気がちょっと・・・・。 ま、踊る人達が違うとその雰囲気はやっぱりそれぞれ違ってきますよね。 日連はやっぱり上品かと・・・(^_^;)。 一昨日ジョーと一緒にパーティーでいろんな踊りを踊りましたが、ギリシャの踊りが大好きなノリノリの人達とお酒なんか飲みながら踊るとそれはそれは・・・・。 

4月に来姫するヴェンツィの「デン イリンデン」も久しぶりにしました。 当時よく踊っていたのですが、いつの間にか忘れてしまって・・・。 でもこんな踊りはちょっと説明すると前に踊っていた人はすぐに思い出して踊れるし、ピリンの曲はマケドニアっぽいので初めての人もしっかり踊れておりました。

PM わんこ

参加人数 33名                                                    コール曲 ジャヌル デ ラ スラニク(ルーマニア、講師;テオドール)、ストランジャンスコ パイドゥシュコ(ブルガリア) ストゥンガチャウワ ディン ゴルジ(ルーマニア、講師;テオドール) 

いつもよりお昼で帰る人が少なく、午後からもにぎやかでした。 どの踊りもすご~く難しいこともなく、でも簡単という訳でもなく、スルツェの午後からのプログラムにはちょうど良いくらい、ちょっと頑張れば踊れる曲です。 パイドゥシュコの5拍子がちょっと早くなりがち、しっかり音楽を聞いてステップを。 ゆっくりな5拍子なので足の力が必要ですねぇ。 

いやいやそれよりも前回の復習「シェリネ」の方が大変だった?よね。 覚えてしまえばおもしろい踊りなのですが、なんてったって長い・・6分もある・・そして前踊りに6パート、コーラスをはさんでパートが4つ(^_^;)。 そら慣れるまでは分からないままに動いているだけになるかも。 でもホント踊れるようになるとおもしろいです。 しばらくは続けてかけますので機会をのがさず踊ってください。 何回も踊る事、これが1番大事なんで~す。 

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

2月9日のひよこ例会

参加人数 58名                                                       コール曲 オーシャンゼリゼ(レク)、 ホレア フェメイロール(ルーマニア、講師;テオドール) クロス スナップ(アメリカ)、

今日はやさしい踊り2曲。 おまけにこの間の全国講習会の講習曲を1曲入れました。 

「ホレア フェメイロール」は去年のルーマニアツアーで教えてもらった踊りで、若干暗めですが何だか夕焼けを見て黄昏れているような気持ちになる音楽。 踊りは「ジョク デレアガネ ディン ドラゴミレスティ」を少し簡単にした踊りです。 ゆったりとのんびりとした動きと音楽がなかなか良いです。 (はぁ、またルーマニアに行きたくなったわ)

「オーシャンゼリゼ」は簡単なレク。 パートナーチェンジしたい時に気楽に使えそうです。 でもすぐ忘れそう(^_^;)。 簡単だから覚えておくだろうというのは大きな錯覚ですよね。

「クロス スナップ」はカップルミクサーでもあり、パートナーも変わっていく2重にミクサーする踊りです。 相手が見つからなかったら真ん中で「かかし」になります。 ほんまかいな?と思いましたが、そう伝達されたので私達もそう踊りました。 真ん中で「かかし」になるなんて皆嫌だろうなと思っていましたが、いやいやなかなかしっかり片足で立っていましたわ・・・・Tポジションでお互い支え合っていましたが・・・ネ(^_=)。 何故かこんなキャーキャー言う踊りが好きな「ひよこ達」ですわ。 伝達講習会ではこんなテンションあげあげではなかったのですが・・・(^_^;)

ま、ええか(^_^;)

 

| | コメント (0)

2月9日のどんぐり例会

9参加人数 38名                                                         コール曲 ストゥンガチャウア デ ラ ゴルジ(ルーマニア、講師;テオドール)

今日は初参加の人がたくさん・・キャッホーホー\(^_^)/  いつものようにタッタカタッタカ踊り狂ってたら「ついて行けない(-_-;)」と泣いても困るし、「もう2度と来ないぞ(▼▼)」と思われてもダメなので、足慣らしはころころ仕様で身体になじんだ踊り、声も掛けながら心をほぐし・・・(^_^;)。 そうそう、どこに行っても初めは大変なんだから・・・と。

で、先週の復習「マセド アロマニアン」なんてほんとは1度では絶対無理って分かっているけど、いつものメンバーのためにはしておかなくては。 いやいや、いつものメンバーだってさっさと踊れる人ばかりでなし。 でもこんな積み重ねがしんどいけれど一番大事。 

初めはどの踊りも完璧に踊れないかもしれないけれど、いろんな国のいろんなステップをいっぱい踏む事が大事。 足が動くようになり、リズムに乗れるようになり、音がよ~く聞こえるようになり、隣の人と良い感じで協調できるようになったらもう最高。 

そんな楽しい踊りを感じられるまで・・・・みんなガンバレ~  フレーフレー ヘ(^o^)/

みんな、次回もちゃんと来ますように・・・・ナムナム(__)     

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

2月6日の網干FDCしゃこ

参加人数 24名                                                       コール曲 ミネト(チェコ)、

モシコの「レシャハ」 だいぶん踊れてきましたが、やっぱり回るところがなかなかスムーズにいきません。 今までとはちょっと違った回り方ですが、しっかり冷静に人をあてにしないで動きましょうネ。

久しぶりに「ザ ウーヴィル」がかかりました。 「奇跡が起った!!\(^_^)/」とおもわず言ってしまいましたが、ホントお見事、大拍手でした。 

新コールは「ミネト」。 最初の1歩のダウン気味のステップが踊っているうちに忘れ去られ、でもこんなのがその国の、その踊りの特徴だったりするのでなるべくきっちり踊りたいものです。 後半音楽が早くなり男女の位置交代やターン半回転など、1小節ずつ動きが変わりちょっと大変ですが踊れると楽しい踊りですよね。 

| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

2月4日のころころ例会

参加人数 48名                                                        コール曲 シューベルトヴァルス(スウェーデン)

今日は「シューベルトワルツ」 きれいな音楽、ゆっくりと優雅に踊ればなかなかウットリ・・(^O^)。 みんなはこんなのが好きなのでしょうね。 だがしか~し・・・・4パートもあって覚えるのが追っつかない。 見踊りには「優雅」とか「ウットリ」っていうのはないですね。 キョロキョロウロウロしておりました。 何回も踊っていくうちに頭が覚え、身体がなじんでいくと思います。 

する事が簡単なこんな踊りはワルツターンが重要です。 きれいに二人で回れるとホント気持ちよく優雅に踊れます。 カップルダンスはターンがしっかり出来る人は他の事もしっかりできている人が多いです。

 ターンがしっかり回れるというのは他の動きもしっかり二人で踊れるという事です。 二人の間のバランスやパートナーとのかけひきや心遣い、動き以外の二人で踊る雰囲気まで・・・。 いくら一人で全部覚えて踊れても、パートナーと二人で協調しないと、踊ってもピッタリきませんよね。 まだまだターンは回るだけで(一人で・・・)精一杯。 余裕もなくただひたすら動いている人。 やっぱり覚えなくては・・・。 どんな踊りでもいつもそこに行き着きますねぇ・・(^_^;)。 

だからかな? 近頃チェーンダンスが良いっていう人が増えました。 でもね、チェーンダンスだって一人で踊っているのではないのですよ。 隣の人とピッタリ合い、つながっているみんながピッタリ合い、盛り上がっていくって感じが良いので~す。  「ブラシュコ#2」なんてピッタリしてきたらホントすご~い気持ち良いですから・・・ガンバってネ。 

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

2月3日のSRCEのアタナスを踊る会

参加人数 28名                                                         最近のコール曲の復習

今日は男性が(踊れる男性が・・)4人も揃い(還暦隊ですが・・)、初めてしっかり男性バージョンの説明もしてもらいました。 今までごくごく少人数でその男性もオバサンで踊っていたのですが、今日は晴れて男性ラインが発生しなんだかとっても雰囲気が変わりました。  来年のアタナスパーティーに向かって嬉しいことです。 

今日家に帰ってからSRCEで踊ってきたアタナスの曲を書き出してみました。 出してびっくり(◎-◎)この5年で100曲をはるかに超えているのです。 どちらかというとアタナスが姫路に来だした2000年からの踊りが多いですが、それでも100曲はすごいです。 コツコツ積み重なっていたのでしょうネ。

姫路協会例会で踊り、余分にSRCEで踊り、まだおまけにアタナス踊る会で踊っている人達のレベルはかなりアップしてきています。 今日も20人以上が12拍子であの暗い?渋い?奥深い?「ドルゴト」を並んで踊っていると「マニアック~、完全な病気やで」って誰か言ってましたっけ。 

ま、体力・記憶力に若干の問題はありますが、それでもみんな楽しく踊ろうというだけでなく、まだまだレベルアップを図っているところがすごいです。 時々は私がオーバーペースにしてしまい「もうあかん(-_-;)」とグッタリしてる時もあり反省も多々。 でも踊れるようになる事が1番の楽しくなるコツと知っているみんなです。 

来年のアタナスパーティーまでもう一頑張りしましょうね。 踊れる男性も増え雰囲気も変わると、また一段と楽しくなりますよ。 楽しみ、楽しみ、キャッホーッヘ(^o^)/  

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

2月2日のひよこ例会

参加人数 57名                                                         コール曲 ヒネマトフ(イスラエル)

今日もたくさんの人でしたねぇ。 みんな踊る事が楽しくて仕方ない? それとも帰りのお茶が目的か? 

「サルティドッグラグ」が良い調子です。 フツーならこんな動きの激しい踊りは「しんどいな~」とか言って敬遠するのですが、この踊りは気に入ったようです。 踊って楽しいならちょっとくらいしんどくても・・・・ってほんまわがまま(^_^;)。 

「リョボンスキーチェンチ」は目が回るとかで踊り始めると抜けていく人が・・・・。  自分が行くいつもの例会ならみんなも分かってくれるし少しくらい融通がききますが、他所のパーティーなどでは少し前にあらかじめ抜けておくとかしないとパートナーが困ります。 こんなマナーもしっかり身につけなくてはネ。

今日の「ヒネマトフ」 あっけないほどすぐに踊れました。 さすがモシコとシュムリクに鍛えられたお陰ですかね。 踊り方がいくつかあるので、来週もう一つのもしておきましょう。 今度県連パーティーに入っているそうですので・・・・。 

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

2月1日の姫路KCC

参加人数 14名                                                        コール曲 ウォーターフォールワルツ(ウェールズ)、

しばらくお休みだった方も復帰、今日は少し多かったかな。 誰かが出てくると誰かが休むといった感じでなかなか全員が揃わないのが淋しいです。

前回の「ローレライトリオ」 1度したのですが、また今回初めてのように・・・(^_^;)。 前回したことだけは覚えているようなんですが、中身は皆目・・・・(-_-;)。 で、またやり直し。 「大丈夫、わたくし年々気は長くなっておりますから・・」って言いましたが、ほんとそう、何回でもしますよ、みんなが理解できるまで。 こんな踊りはステップは歩くだけなのですから動きさえ覚えれば誰でも踊れるのです。 

で、今日はもう1曲「ウォーターフォールワルツ」。 同じような歩くだけで位置をかえながら踊る曲カップルミクサーです。 説明すればできるのですが、みんなが1番苦手なのはやっぱり覚える事なんでしょうね。 それとカップルダンスやミクサーは相手のいる踊り。 一人で動くのではなく二人で一緒に踊りましょう。 

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »