« 10月2日のころころ例会 | トップページ | 10月5日の姫路バルカンSRCE »

2008年10月 4日 (土)

10月4日の網干FDCしゃこ

参加人数 27名                                                       講習曲 ヴォズドシェニィ ヴァルス(ロシア)、ホラ ディン カラシュ(ルーマニア、講師;テオドール)

復習 先週の「トリップレッツ カドリール」

フクチャン2曲目のコールです。 初めにみんなの前で踊ってもらいました。 おかぁさん一人だと心細いかとあい○ちゃんも一緒です。 頼もしいですわ。 説明するまえに1度見るのはみんなの心づもりができて良いという人が多いです。 どんな動きか、どんなステップがあるか、速さは、パートはいくつあるか・・・等々。 そうです、ボーッと見てるだけではあきまへん。 目で見て、耳で聞いて、大体の流れをつかんでいれば後の説明もしっかり聞けるというものです。 みんなの「頑張って!!」 の声でコール開始。 2曲目の方が少し簡単だったので説明がしやすかったのと、ちょっとだけ慣れたのかも。  まわりのみんなもコーラーが言葉に出している以上の事を感じとって動こうとしている心遣いが優しいです。 これからも少しずつコールをしてもらいましょう。 

後半は「ヴォズドシェニィ ヴァルス」です。 出来ても出来なくても、今日は一応全部説明しました。 1つ1つの動きはそんなに難しくないので理解も出来るし、動くこともできます。 ただ曲が速いので頭の回転の方がついていかない? のでしょう。 まずはしっかり5つのパートを覚えましょう。 見ながら踊れるほど簡単ではありません。 覚えて動く事をしなければいつまでたっても踊りきることは出来ません。 手の動きや、身のこなしなど、いっぱい課題はありますが、まずは動き全部を覚えることからです。 クリスマスパーティーにかかります。 「しゃこ」にとったら難しい踊りかもしれませんが、1曲課題曲を作るのも目標ができて良いかもしれません。 頑張ったら手の届くところにありますから。  

|

« 10月2日のころころ例会 | トップページ | 10月5日の姫路バルカンSRCE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月2日のころころ例会 | トップページ | 10月5日の姫路バルカンSRCE »