« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

6月28日の網干FDCしゃこ

参加人数 23名                                                       講習曲 先週に続いて「野ばら」

反省(-_-;)、及び 謝罪(-_-;)

え~、先週はなかなか踊れないのをみんなの責任かのようにののしり、罵倒し、しばき、けとばし・・・・・そんな事はしてませんが・・・・ほんとごめんね。                      今日こそ「やるぞ、踊るぞ」とやる気満々で行ったのに、何回踊ってもやっぱり一緒。 で、途中テキストを見直した。 でもする事は全部してるし・・・・「えッ? スターは男性が先かいな、どっちが先でもする事一緒やし大差ないわな」と思いながらも、みんなに伝えたら、「ほな、出来るで」やって。 _(‥)フーン??? 何で???

ほんと皆様、ご迷惑おかけして・・・・(._.)                                この間も「何で踊れんねん」って寝られなかったけど、今日はもっと寝られんわ。 自分にくやしくて・・・・や。 あかん、私もまだ青い(´。`)

でも、みんなの踊り方も相当やで。 ちゃんと四角になってないから、男性がまわって帰ってきてもどこに入るか分からないし、 女性は次から次へと家が変わるからちゃんと覚えて動かないし・・・・しかし何を言っても踊れなかった訳のほとんどが私の責任ですから。 あ~ぁ、悔しい。 これからもうちょっと引き締めていきまっさ。 ビシバシといきまっさ。 ほんまもう、だから隊形ものは嫌いやっちゅうねん。(リーダーたるもの、嫌いやなんぞ言ってはいけませぬ。 苦手だと・・・。)  

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

6月26日のころころ例会

参加人数 42名                                                        講習曲 レ・プティ・シャー(カナダ、講師;イブ)

巡回講習会より2曲目です。

巡回から何をしようと考えた時、まず「オピンクゥツァ」が当選。 後1曲で悩みました。 「トゥーレ・イスタバ・アルマス」はあまりにも簡単であんな雰囲気何だかこっぱずかしくって出せるもんかと却下。 「フローボイトゥラ」は私はまあまあ好きだけど、50肩・60肩の人は辛いだろうし、あの回転がけっこう難しい。 めまい症の人はきっとダメ。 それに二人の息が合っていないと全然おもしろくない踊りだろうし。 「ポルカ マズルカ」は難しいだろッ。 けっこうハードだし、膝をつくのも辛い。 何よりもあの雰囲気のまま1曲踊り終える体力が・・・(^_^;)。 「ポルカ・ディン・バトゥルン」も同様。 私は公認講習会で踊ったので、この踊りは楽しいイメージがあるけど、女性同士で1曲踊り終わる頃には楽しいどころの話ではなくなっていたりして・・・。 どの踊りも踊ったらどうにかなるとは思うのですが・・・。

で、今日は「レ・プティ・シャー」。 

簡単な踊りですが、先週「ウインドミル ランサーズ」で、しっかり頭を使ったので、今週は同じ隊形ものでも気楽にねと。 ところで「ウインドミル ランサーズ」は皆様お気に入りなようで・・・_(‥)フーン。 1回踊って、その後何の助けもなく各セット自分達で・・・と、知らん顔して音楽をかけたら、みんなしっかり最後まで踊ってしまった。 _(‥)フーン いっつも「覚えられへん」と言ってるのはウソ? え~ッ??って思うのをしっかり踊ってしまったり、何でやねんと思うようなのが踊れなかったり。 いろいろ私達の予想を見事にはずしてくれますわ。 しかしこんな踊りばっかり踊っていると、あのマケドニアの踊りなんぞ、何だか臭~い感じがしてしまうのは私だけ???

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

6月24日のひよこ例会

参加人数 47名                                                     復習の日でした。

4月から先週までした踊りの総復習をしました。 

今回はわりあい易しい踊りが多かったので、復習もスムーズにできたような気がします。 ま、全曲コール付きなのでサッと踊れるのかもしれませんが・・・。 覚えるのはなかなかですよね。 何週間も踊らなかったら、覚えてたはずの踊りも見事に忘れます。 この辺りがMD当番の難しいところです。 あまりに久しぶりな曲をかけたら誰も踊れなかったとか、誰も踊れなかったら困るからみんなが踊れる踊りをかけたら何週間も続けて踊っていて、けっこう飽きていたとか・・・その分、他の踊りを踊る時間もなくなります。 

ほんと、どの踊りもまんなくべん踊って忘れないようにしたいものですネ。 たくさんになってきたらコールをした者でもわすれちゃうのです。 やっぱり何回も踊っておかなくては忘れるのですが、長く覚えておけるようには上手く感覚を空けたり、忘れそうと思ったら2回繰り返して踊っておくとか、身体や頭にいい刺激をいいタイミングで与えておくと長持ちしそうな気がするのですが・・・。

| | コメント (0)

6月24日のどんぐり例会

参加人数 27名                                                     講習曲 ダイ ミ モメ(ブルガリア、講師;ヴェンツィ)

例会が2週間抜けたら、身体も頭もしっかり2週間分抜けたのかなぁ? 頭も身体も正直だ!!  でも「ラカ」は2回踊ったらOKになったし、「アントネ、アントネ」も事前にちょっと動いていたら、みんなけっこう踊れます。 

今日は同じくヴェンツィの「ダイ ミ モメ」。 「早い内にちょっとハードな踊りをしま~す」と言ったら、「ハァ~」って大きなため息。 きっとみんなの顔は(-_-;)こんな顔だったか(▼▼)こんな顔になっていたのかもしれないですね。 「しんどい しんどい」と言いながらも、やっぱり踊れたら楽しいし、それも難しい踊りが踊れるようになったらもっと嬉しい事を知っているから毎回頑張って参加するのでしょうね。 難しい踊りも、易しいおどりも、ハードな踊りも、綺麗な踊りも、いろんな踊りをいっぱい踊っていきましょうね。  

| | コメント (0)

2008年6月21日 (土)

6月21日の網干FDCしゃこ

参加人数 22名                                                       講習曲 野ばら(イングランド)、

私が2回お休みしたので、今日は古○さんが大きな顔をしてお休みしました。 私は雇われ講師やからええと思うけど、オーナーが休んだらあかんやろってみんなの意見でした、ウフッ。

日誌を見て先週の復習をし、先々週の復習もし、で、8月のテオドール講習のためにルーマニアの踊りを固めて踊っておきました。                           

休憩中はクロアチアのお土産のチョコ。 そこでアッと気がついた。 1人未成年がいることを・・・(^_^;)。  サクランボのリキュールの入ったボンボンだったので、1人お土産が当りませんでした。 あい○ちゃん、ゴメンネ~。 きっと来週は古○おばちゃんが良い物買ってきてくれると思うから・・・買ってくるやろなぁ?

そこまでは良かった。 で、今日のコール曲「野ばら」。 きっとチャッチャと踊ってしまうだろうな・・と思ってコールをし出したのですが・・・・これがなかなか・・・(-_-;)。 男性3/4回転、女性3/4回転で、パートナーと離れるは、自分の家でない所に行くはで、迷子が続出に。 8人のうち1人でも迷子になると他の人まで惑わされてしまいます。で、ゆっくり説明。 何回も繰り返し、やっと納得。 さて踊ろう・・・と。 今度は最後のワルツターンで男性の最初の位置に帰って来れない現象が・・・? 私が間違っているのだろうかと、もしものために持っていってたテキストを確認。 いやぁ、間違ってない。 で、みんなで考えました。 ワルツターンは2回転しかないのだから、どう考えてもその前の位置から見て対面の場所くらいにいないと2回転で行き着けない。 と言うことはグランドチェーンでだいぶん先まで進んでいないと・・・と。  みんな頭では分かったのです。 でも考えているようにはなかなか行けないのです。                                     しっかり四角の位置を保っているか、一つ一つの動作を小節通りに踊っているか、ステップやターンなどの動作(たとえば動線や足幅など)が8人だいたい揃っているか・・・・。 一人一人が一つ一つの動きをきっちりしっかり踊らなくては8人が上手く踊れません。 しっかりした基礎の上に、2人で踊る事、4人で踊る事、8人で踊る事、みんなで踊る事・・・と広がっていきます。 ”大体”で踊っていては周りに影響がありますので、自分の位置、自分の行く所、自分のすべき事など、しっかり覚えて8人のうちの1人として踊ってくださいませ。 来週は必ずみんなが納得できるように説明し直し、踊り直しをしますので・・・。

みんなが何となく納得できず、引きずって帰っていきましたが、私も今日は眠れないかも・・・。 いえ、来週こそは!! と前向きに。

それにしても、難し~い踊りをパッと踊ってビックリの時があれば、何でこんな易しいのが踊れんの・・(^_^;) とこれまた??? の時も。 私の認識が甘い??? しかし分からんは~、みんなの実力。

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

6月19日のころころ例会

参加人数 48名                                                        講習曲 ウインドミル ランサーズ(アメリカ)

ころころ例会も3ケ月ごとにスタッフが集まって、何をしようかと3ケ月分の講習曲を相談します。 6~8月までの講習曲を相談してる時に、今日の「ウンドミル ランサーズ」は難しいかも、ややこしいし・・・と悩んだのですが、なんのなんの心配する程のことなく踊ってしまいました。 みんな各自動く”グランド スクエァ”でひょっとしたら迷子人が出るかもと心配していたのですが、それもOK(^O^)。 「な~んだ」取り越し苦労でした。 ま、でも全部の順番を覚えるのは大変。 今日はコーラーが次の動きを言ってくれるのでそれを聞いて動いていたのです。 8人の中の誰か1人でも覚えてしまうと動けると思うので、我と思わん方はさっさと覚えて皆をリードしてあげて下さい。 そうしているうちに皆も覚えていくと思うのですが・・・・。 ステップは歩くだけ、但し頭を使う。 こんな踊りもたまにはいいですね。 

ここ1ヶ月でちょっとメンバーが増えています。 ちょっとだけレベルアップに挑戦です。 長く踊っていると少しの変化がまた気持ち新たに良い刺激になりますよね。 

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

6月17日のひよこ例会

参加人数 54名                                                        講習曲 ドント ビー スチュービット(レク)、 マルカ モマ(ブルガリア、講師;石坂氏)

先週お休みしたので、小さくなって行きました。 その分ブイブイ頑張らねばと・・・・。     今日は2曲とも私のコール担当。 遊んでいる間に頭からダンスが飛んでいっちまって、昨日の晩からテキストを読み直して、踊っておいて・・・と、ドキドキの前日。 ま、当日になったら「ま、ええか!!」と開き直りましたが。 

「ドント ビー スチュービット」の方はどう考えても私の領分でなく、何だか身にはついていないのですが・・・・(^_^;)。 なので踊っていてもちょっと恥ずかしい・・・(-_-;)  でもま、チャレンジ、チャレンジ。

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

6月16日のKCC

参加人数 14名                                                        講習曲 マケドンスコ ホロ(ブルガリア)

何だか寂しくなっています。 新しく入ってきた方と、古~くから踊っている人が混ざった例会は、やっぱり難しいですねぇ。 そんな事、十分に分かっていたはずですし、いつも気にかけて時間をかけて例会をしてきたつもりなのですが・・・・。 その中で残っている人は・・と言うと、他の人よりも早く理解して早く踊れるようになっている人です。 なかなか足がスムーズにでない人や覚えられない人は挫折してしまったのでしょう。 「ボチボチ踊れるようになったらいい」とか「いつかはできる」とか「みんな初めはそうだった」とか言いますが、本人にとったらそんなの気休めなのかもしれませんね。 本人はできない自分が恥ずかしいという気持ちがまず立ってしまうのかもしれません。 でも諦めるのがちょっと早い??

例会を行っている方の私達もまだまだ上手く教えられていないのでしょう。 いろいろ試行錯誤しながら、頑張っているつもりなのですがまだまだ足りないようです。 ま、また新しい人が入られた時のためにも、1回1回の例会を丁寧に大事にしていき、良い雰囲気のサークルを作っておこうと思っています。

ただ今「ワルツターン」の特訓中。 踊れる人はもっと上手く回れるように、踊れない人は踊れるように、一緒に1ステップアップのために・・・です。 「ノイドイッチェル」と「スピニング ワルツ」簡単な踊りで練習しました。 

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

6月5日のころころ例会

参加人数 47名                                                       講習曲 メラクリヤ(ブルガリア、講師;ベンツィ)、

今日はベンツィの今年の講習曲です。 7拍子のゆったりした良い曲です。 パートは2つ、ステップは難しくないし、歌入りのなかなかいいメロディー。 こういう踊りはみんなも踊り慣れているので楽勝!! でした。

「聴泉」は気持ちよさそうに踊っています。 だんだん手と足もバランス良く動かせるようになってきてるし、何しろみんながその気になっていますから・・・・よしッという事で。

「ユーオンリーユ」は簡単な踊りなのに、あまりのゆっくりさに合わせられない? 速いステップも大変ですが、ゆっくりなのも難しいです。 なにしろ足の力とバランスが必要です。 バランスが取りにくいと小さなステップで踊ってしまうと余計速く動いてしまうし、大きくゆったりとしたステップで踊ろうとするとバランスが崩れたり・・・・きれいに踊るにはなかなか技術が必要かも。 

今日のMD当番の方もですが、この頃担当者は事前にかけようとする曲のリストを作ってきてくれてます。なかなか良い傾向ですよね。 なにしろリストを作るには曲名や踊りが分からなかったらできないのですから・・・。 必要に迫られた事もあるでしょうが、この担当は大変ですが得るものも大きいです。 

踊るばっかりは楽しいでしょうが、MDをかけながら見て考える事も良いお勉強になりますよ。 そして事前に頭で考えたそのリストをその日の雰囲気に合わせてどう変更していくか(これはちょっと難しいかも)。 でもそんな経験が大きな1段のレベルアップにつながるのですよね。 あとは曲の名や、国名、隊形の変化の指示などちょっと曲の間に言ってくれたりするとみんなの踊ろうとする気持ちが曲と曲の間もスムーズにつながって盛り上がってきたりするのですが・・・・。 

なかなかみんなの前で大きな声を出すのは・・・・・慣れたら平気なんですけどねぇ・・・・(^^ゞ

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

6月3日のひよこ例会

参加人数 56名                                                      講習曲 Ding Ding Dong(カントリー)、

MDかけは難しいですねぇ。 次から次へとかけっぱなしでも、やっぱり間が大事ですし、都合ですぐに音がならない時は何か話しでつないだりすることも必要です。 ジ~ッと待っているだけの時間が長いと「踊ろう」という皆の気持ちもしぼんだりします。 曲名・国名・隊形やポジションの説明を言いながら上手く音につないでいく。 踊りにくそうな踊りは簡単なコールを入れたり、そしてちょうど良いところで今日の講習曲なんて・・・・楽しい2時間をプログラミングするのは難しいです。 曲の並びも大事だし、その日のメンバーの顔ぶれを見るのも大切です。 事前にプログラムを決めていても、その日の雰囲気やメンバーで変えなければならない時もあります。  これはもう慣れしかないのでしょうねぇ・・・・。  でも自分のプログラムでみんなが楽しそうに生き生きと踊ってたら嬉しいし、満足そうな顔して帰っていく姿を見られたら、MD当番も楽しくなりますよ。 

今日は「Ding Ding Dong」。 皆様楽しそうでした。 その後「セヴァン ボア」。 大丈夫でした。 またあと1ケ月くらいはもちそうですわ。 

| | コメント (0)

6月3日のどんぐり例会

参加人数 28名                                                      講習曲 オロト ポチナ(マケドニア、講師;Ljupco)

来週から2週お休みなので、今日はやさしい踊りと今までの踊り込み。 先週ちゃ~んと踊れていたので気楽にかけたのですが・・・・(^_^;)。  「ラカ」「ツヴェタ モマ」「コドラネアスカ・・・・」の3曲ですが、一応全曲かけっぱなし。 その時わたしはMDかけをしながらみんなの踊りをジックリ観察・・・・・・・まだまだちゃんと説明がいきとどいてないのかと、ちょっと反省でした。 ま、後でもう1度さらっと説明したらけっこう踊れていましたのでヤレヤレ(^^ゞ。 やっぱりパッとかけた曲をパッと踊るのはなかなかなようで、頭が思い出すまで時間が・・・足が動くようになるのも時間が・・・・。 こんな調子です。 

ハードかなぁと思いながらも「アントネ アントネ」も何回も踊ったし、けっこうたくさんの踊りを踊っています。 体力的に大変だろうと思いますが、きっとみんな踊りが好きだし、楽しいのでしょう。 うまく身体と折り合いをつけて、なるべく長く踊っていられますようにと願うばかりであります。

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

6月2日のKCC

参加人数 15名                                                     講習曲 ホラ レリア(ルーマニア、講師;テオドール)、 テネシーワルツ(アメリカ)

2時間の例会はやっぱり違います。 今日もいろいろ踊りながら、前半では「ホラ レリア」をゆっくり説明をし何回も踊り、後半はワルツターンの練習と「テネシーワルツ」。 どれもゆっくりな説明が入れられました。

基礎ステップをして、新しい踊りをするとき、初めての説明がとても重要ですね。 みんなが一生懸命な時に、しっかりと丁寧に説明するとおもいもかけずビックリするくらい皆が上手く踊れたりします。 これが何回目ともなると、踊れる人の緊張感がとれ、その場の雰囲気が慣れとともに集中力がとぎれ、まだ踊りきれていない人の緊張感や集中力も乱してしまう事もあります。 なので何でも初めての時にしっかりしておかないと思うのです。

初めての人はもちろん、長く踊っている人にも役に立ち、楽しくておもしろい例会、難しい踊りはしなくても「踊ったなぁ~」という気持ちになれるような例会を目指していますが、なかなか難しく試行錯誤の毎日なのですわッ(^_^;)

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »