« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

9月30日の網干FDCしゃこ

参加人数 17名                                                   講習曲 カーニバル、

この頃はスポーツ祭パーティーもですが、クリスマスパーティーの目指してカップルダンスに力を入れています。 

クリスマスパーティーは網干市民センター、つまり「しゃこ」の例会場です。 家も近いので皆で参加しようと・・・。それにはまず踊れなくっちゃね。 先週までの「クッド アイ ハブ ジス ダンス」は毎週踊るとして、今日からは「カーニバル」です。 そんなに難しいステップもなく(8小節×2と16小節)の踊りです。 でも全体が見えてこないうちはなかなか覚えるのが大変です。 皆、休憩時間も惜しんで個人練習にいそしんでおりました。 

今日は身体はあまり疲れませんでしたが、脳が疲れた(▼▼)とフ~ラフラと帰っていきましたとさ・・・。

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

9月28日のころころ例会

参加者 42名
講習曲 トレンダフィル デ ラ ゴイチャ、マンディール、アウル ハライ、

久しぶりに40人を越えました。 アタナスパーティーが終わりホッとひと息・・・いや、まだアタナスの余韻に浸っておきたい・・・・いやいや、すぐアフメットの講習なのです。 

先週初めてのころころ例会参加の二人も頑張っているので、しばらくは簡単な曲を踊ります。 今日もルーマニアツアーの曲、アフメットの曲の中から簡単なのをしました。 新しいメンバーを増やすためにも、時々はスイッチ切り替えで少し簡単な曲を踊りましょう。 ころころメンバーもマケドニアのダンスはだいぶん踊れるようになりましたが、トルコは初心者。 この際、キャリアの長い人も短い人も初めてのトルコダンスに挑戦です。 ただ (-_-;) 申し訳ないのですが、私がトルコのダンスは苦手なのです。 一応踊りますが、何だか目一杯魅力を伝えられないかも・・・・。 あ~、自分が心配 (▼▼)

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

9月26日のひよこ例会

参加人数 67名

                                                         今日は8月中旬より9月のコール曲の復習日でした。 6月修了の「たまごっち」達も少しずつではありますが足が動くようになっています。 

ちょっとややこしい「ライナサモディバ」や「ジョクデフェテ」で頑張り、合間に「ジョアトロア」や「ウエスタンプロムナード」で騒ぎ、笑い・・・・と2時間があっという間に過ぎてしまいます。 「朝、会場へ向かう道、足取りは60歳、帰りは80歳になってるわ」と推定70歳のメンバーが言ってました。2時間は楽しいけれど、踊った後はやっぱりお疲れのようで・・・。 これから冬に向かって各自体調管理しっかりして下さいね。 

スポーツ祭パーティーもあるし、クリスマスパーティーも続きます。皆が楽しめるようなパーティーを企画中です。 お楽しみにね・・・(^ニ^)

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

9月21日のころころ例会

参加人数 38名                                                   講習曲 オイ メモ、  マレセフカ、

今日は何と嬉しいことに新しいメンバーが二人もふえました。 それも今年4月の初心者教室で修了したばかり、この頃は「ひよこの例会」で踊っている二人です。 

ま、その前に「しゃこ」で少し踊っていましたが・・・。いや~、でも全部たしてもまだ1年未満のダンス歴です。 「踊り出したらやめられない」楽しくて楽しくて仕方がないって状態なんでしょう。 ダンスにはまる人ってそういうもんですよね。 (実は私も31年前の初心者教室に参加して1回踊っただけでスポ~ンとはまったのです。)  

で、今日はひよこで踊っている曲や教室で踊った曲を入れながら、踊りっぱなしを少なく、説明を多くしてゆっくりゆったりしてみました。 「思うように踊れなくても、3ケ月は頑張ってくるように・・・」 初めは知らない曲や踏んだ事のないステップ満載の「ころころ」ですから踊れなくて当たり前。 そのうち慣れて足も動き出します。 

「ひよこ」のようにおもしろおかしくばかりではなく、それなりのレベルアップは自分の努力が必要です。 是非是非頑張って半年後にはバリバリと踊れてるように・・・・お祈りいたします・・・スゥッ・・・(ーoー)y゚゚゚

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

9月19日のどんぐり例会

参加人数 28名                                                   講習曲 ドンチェボ、 ゴスティバルスコ、

まだまだアタナスの曲はあるけれど一応スピードダウンの休憩です。 

春からず~っとアタナスの曲を踊ってきましたが、今が一番ピークだろうと思います。 もう一つ上の壁を乗り越えるには、しばらく今踊ってる曲を確かに練っていきましょう。 そして何ヶ月かあとにまた踊り出すと一瞬後戻りした感じがするかもしれませんが これがけっこう熟成した感じでもうワンランクアップにつながるような気がします。 

数だけ増やすのでなく、内容(踊る感じやリズムの微妙な取り方など)を濃くしたいですね。 それにしても良く踊れるようになりました。 「Srce」や「アタナスを踊る会」で踊っている人は特に週に何回も踊っているので、やっぱりそれが大きいのですよね。 同じ曲でなくってもアタナスの踊りにはよく似た踊りやステップがあります。 なので、足がだんだん覚えているのです。 

どんな踊りもそうですが、やっぱり回数という事がよく分かります。 でもその回数を踊る皆の根性や体力に、そらもうビックリですわ~\(^_^)/。 

| | コメント (0)

9月19日のひよこ例会

参加人数 60名                                                   講習曲 ホットタイム ミクサー、 ドブルジャンスキ ブエネック、                     

先週の「ライナ サモディバ」がちょっとややこしくて、今日は更に念入りに・・と思い、今日の曲は前半ですませ、休憩後たっぷりと時間をもらい復習しました。 

何てったって今日は私のMD当番。 こんな時自分が時間配分できるので役得でしょうね。 他の人にはちょっと悪かったかしらね。 まぁ、そんな訳でタップリの時間を使い復習をしましたが、やっぱり教室からの初心者には難しかったみたいです。 いやいや2~3年踊っている人でも、チェーンダンスをあまり踊っていない人にとっては難しかったようで・・。 まずは1本足で立ち、バランスを取りながら逆足をまわすのにフ~ラフラ。 年齢の増加と共にバランスをとるのが難しくなっているのです。 足の力も減ってきているので、しっかりしたステップもしにくくなっています。 覚えると次の動作に余裕をもって対処できますが、これまた頭の方も覚えるのが苦手になってきてたりするので・・・・・(゜_゜;)。 

そんなこんなで完璧!!まではまだまだ遠いですが、皆の一生懸命さが嬉しいですね。

| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

9月17日の姫路バルカンSRCE

参加者 AMにゃんこ 36名                                          講習曲 ハングル デ ラ タルニッツァ(ルーマニア)

アウル ハライ(トルコ)、 カレニン ディビンダ(トルコ)          

もういっぱい踊ってきたので、アタナスのやさしい曲がなくなり、今回は10月来姫のアフメットの簡単な曲を2曲入れました。 あとの1曲はルーマニアツアーの講習曲です。 

足の踏み替えがスムーズにできないとちょっと辛いですが、まぁこれも慣れですよね。 踊りにくいステップも落ち着いてゆっくり何回も練習していくときっとできるのです。 すぐに諦めないようにね。

参加者 PMわんこ 24名                                            講習曲 マルンチカ デ ラ アサウ(ルーマニア)

ババ ジュルジャ(マケドニア)、 ドンチェボ(マケドニア)、 ドルゴト(マケドニア)  

さてアタナスパーティーまでいよいよ1週間。春からコツコツと踊ってきた成果はいかがでしょうか? きっと自分でもビックリしてるのではないでしょうか? 最近特にレベルがアップし、はじめは「こんなん無理やで」と思っていた踊りも、何だかサラッと踊れるようになっています。 コジュレボにドンチェボ・・・ススイのス~イで踊れちゃいました。 「ふ~ん(◎-◎)」とビックリです。 

皆がならんで「ドルゴット」を踊ってるのを見てると、それはそれはなかなかのもんですよ。 12拍子ですよ! 12拍子!! その辺のオバサンなんか絶対受け付けないようなリズムだし、メロディでしょうね。 いやいや凄いわ(゜_゜;) 皆の頑張りに拍手、チャッチャッチャです。  

アッ、それはそうと私は反省・・・・。 もう少しちゃんと確かめてコールしなければねぇ。 あ~、不覚だわッ、悔しいわッ、今度は頑張るわいッ。悪しからず・・・(▼▼) 

| | コメント (0)

2006年9月16日 (土)

9月16日の網干FDCしゃこ

参加人数 19名                                                   講習曲 カラバナ チャイカ

スポーツ祭パーティーが近づいてきたので、パーティープログラムの中のミクサーを入れながらカップルダンスの見直しと踊り込みをしました。 

エーデルワイス・白い恋人たち・ベスデモスス ヴァルス・・・とずっと踊ってるのでよく覚えています・・・!?・・・この頃見ながら踊るのも上手になりました。 

見踊りをしだすと、覚える事がおっくうになります。 でも見踊りではカップルダンスの良いところが味わえませんよ。 やっぱりちゃんと覚えてこそ男性は女性をどうリードしていこうかとか、ゆとりを持って味をつけていけるのです。 覚えましょうね。 

ここ10年以上は女性が増え、それはそれで嬉しい事なんですが、カップルダンスに関してはやっぱりあまりいい事とは思えません。 言っても「仕方がない」とよく皆に言われますが、私個人は女性ばかりになった時カップルダンスに魅力を感じなくなりました。 まずはフォークダンスでなくなった事。

でも近頃「しゃこ」でカップルをする事が多くなり、するならとことん・・と思っています。 女性の男性役は限りがあります。 でもできない事もありません。神戸の方の男性役の人の中にはすごく踊らせてくれる男性役の女性もいるのです。 姫路の人はそんな上手に踊らせてくれる人と踊った事がないのか、上手に踊らせてくれてる事も感じないのか、勝手にさっさと踊る人が多いですよね。 男性は男性、女性は女性と各自その役目と特徴をしっかり理解し、踊り、素敵なダンスにしたいですね。 

言い伝えたい事はいっぱいあります。 でも言っても言っても分からない、感じないことの方が多いかもしれません。どう言ったら伝わるか、どんな説明をし、どういう風に踊ったら理解できるか等が大きな課題です。

チェーンダンスばかりと思われている私ですが、実はカップルダンスにもなかなかうるさいのです。 本当は好きなのですよね。 ただ順番を覚えなければ踊れないような作った踊りではなく、スウェーデン・ハンガリー・ルーマニアなどの男性のリードだけで踊れるようなカップルが好きなのです。 相手の微妙なリードを感じ、それに答えていく楽しさ・・みたいな。 カップルダンスは「踊れた」の先に、男性は男性の楽しさ、女性は女性の楽しさがあります。 是非皆に知っていただきたい! と思っています。 次々新しい踊りを覚えるより先に、まずカップルダンスの醍醐味を是非知って下さいませ。 

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

9月14日のころころ例会

参加人数 38名                                                   講習曲 ホラ ジュニロール、 スバドバルスコ、

何年か前に1度した事のある「スバドバルスコ」ですが、その時は最後のファーストパートのステップが音楽に合わず、ドタバタした感じでした。 でも今日は「えッ? いつの間に・・・_(‥)フーン。」って感じで音楽にもよく合い上手く踊れていました。 って言うか、最初の方だって、前とは全然違うのです。 皆、説明したことをサラッと踊っているのです。おまけに全員が並んで踊る雰囲気がすごくいいのです。 まだまだすごい難しいダンスは踊れないけれど、でもやっぱ1ランク上の雰囲気ですよ。 とかくアタナスは変則拍子のためか敬遠されやすのですが、もう皆慣れに慣れて快感になった?のではないでしょうか。 

がむしゃらに踊った時期を過ぎ、今は考えながら動いている人もかなりいます。 アタナスのダンスは踊れば踊る程、やさしくなるのです。 最初の壁が高い分、越えてしまえばコツが分かるみたいなところがあります。 ここまできたら後は楽チンですよ・・・と、安心させるのだ!! 

| | コメント (0)

2006年9月11日 (月)

9月11日のAtanasを踊る会

参加人数 29名                                                     講習曲 コジュレボ、 ババ ジュルジャ、

全7回の「アタナスを踊る会」今日で一応終了です。

皆様、暑いなか本当にお疲れ様でした。 今回9月アタナス80歳お誕生パーティーのおかげで、それがいい目標になりました。 

少しずつでしたが、確実に皆のレベルはアップしていきました。 「これは無理かな?」「あれは?」と思い悩みながらの選曲でしたが、やっぱり集中して踊る事が良かったのか、今日などビックリするくらいスムーズに理解し、曲にのれ、踊れていたように思います。 バウンスやチュクチェには足の器用さや強さが必要で、まだまだ足りない点がありますが、ここまできたら後は踊り込むだけです。 何回も踊って体得していきましょう。 

今回で一応終了しますが、折角踊れるようになったのにもったいないので、時々ゲリラ例会をしようと思います。 私が大好きなアタナスの踊りをもっとみんなに好きになっていっぱい踊ってほしいので・・・・お楽しみに \(^_^)/

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

9月7日のころころ例会

ハイッ (^g^) 腰もボチボチ良くなって、身体もウズウズ踊りたくなっての「ころころ例会」でした。 今日は2003年講習の「ドルゴト」。 「え~ッ、そんな難しいのすんのぉ?」と相方(怖いお紀婆)が言いましたが、なんのなんの皆の踊る事といったら・・・・。 二人でビックリでした。 

9拍子であろうが、12拍子であろうが、18拍子であろうが、何が何でも踊るんじゃ!とばかりの勢いでした。 皆ならんで踊ってるとそらきれいなもんです。 でも時々中に入って踊ると、やっぱり微妙に揺れとかアクセントとかがずれてたりします。 こういうのってどうやって説明したらいいのか、ただいま私の課題であります。 イスラエルやルーマニアのダンスだとそんなに思わないのですが、やっぱりアタナスは難しいですね。 

参加人数 39名                                                   講習曲 ドルゴト

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

9月5日のどんぐり例会

参加人数 28名

講習曲 スドゥリンカ、  ホラ ジュニロール、  ボイテレアスカ デ ラ マチェス、         

ゼレニコフスコやら、レテフスコやら踊っていると、今日のスクドゥリンカは簡単です。 でも見た目踊れているように見えるのですが、横に入って一緒に踊ってみるとやっぱり上下動があまりないのです。 後半倍のバウンスになるともっとなかなかです。 バウンスがなかなかできないのです。 足首やら膝やら身体全体でうまくバウンスできていないのです。難しいですね、これをどうして説明するか。 スクドゥリンカに限らず、どの踊りもステップや順番は覚え踊れているようにみえるのですが、わりと重要なバウンスとかチョクチェとかの渋い技まではなかなか届いていません。 まぁ、何回も踊る事によって身体で分かっていくのでしょうが・・・・。                                       今日は「ひよこ」「どんぐり」の連チャンでした。 ヨレヨレでございます。 皆様もお疲れ様でした・・・・(._.)

  

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

9月4日のAtanasを踊る会

参加人数 31名                                                   講習曲 カラジョイ

もうどこで何をしたか分からなくなっております。 

「アタナスを踊る会」「どんぐり」「ころころ」「Srce」と参加者によって微妙にレベルは変えてはいるのですが、この春から延々とアタナスばっかりを踊ってると頭の中はゴッチャゴチャ。 ちゃんと記録もしているのですよ。 でも全体がスッキリせず、例会の前になると「あれはどうだ」「これはどうした」とひっくりかえしながら確かめながら焦っております。

先週の「ゼレニコフスコ」、18拍子を指で数えてもいまいちはっきり分からないと思い、オタマジャクシを書いていきました。 数え方など分からなくても、曲を聴いたら勝手に身体が動くという「動物系?」の人もいますが、やっぱり頭でも分かってた方がスッキリ踊れるかなと・・・。 ただ聴いているメロディーと音符がまだピッタリこない人もいるみたい。 まだしっかり聴けていないのでしょうね。 何回も踊りメロディーと身体や耳がピッタリきたら大成功!!\(^_^)/ 7拍子や9や11拍子はピッタリ踊れるようになったのですがね・・・。                                                 

さてあと1回で「アタナスを踊る会」も終わりです。 皆の会費が余りましたので、来週は無料の日にしま~す。  

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

9月2日の網干FDCしゃこ

19名                                                   ネバーオンサンデー、  白い恋人たち、

10月9日にスポーツ祭パーティーがあります。 皆で踊りにいきましょう。 

てな事で、パーティーに行くにはやっぱりちょっとは踊れなければ面白くないので、プログラムの中からこの頃踊っていない曲をしました。 以前に踊った事のある曲は、やっぱり少しでも足が覚えているのか早く動けるようになります。 「白い恋人たち」もよく踊ってたのでス~イスイです。 でも最近踊り始めた人は何をしても初めてで本当に大変です。 でも皆に引っ張られながら頑張っています。 

初心者教室で初めての皆が一列になってボチボチ踊り始めるのは気が楽ですが、踊れる人の中に入ってウロウロしながらもガムシャラに頑張る方が早く上手になりますよ。 めげずに続ける事・・・これよりいい方法はありません。 毎日の積み重ねは小さくても、1年・2年と重なるとそれはそれはすごいものです。 

10月に続き12月にはクリスマスパーティーもあります。 当日1日楽しく踊るためにも、練習怠りなく頑張っておきましょう。 

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »